国際共通語としての英語

国際共通語としての英語

英語が国際共通語という地位はすでに確立されたものです。

 

 

 

今後も英語がこの地位を他の言語に取って代わられることは、まずないでしょう。ビジネス面での英語の必要性は言うまでもありませんが、政治でも複数国が集まっての国際会議になると共同声明はほぼ英語で、となります。ノーベル文学賞も、まず英語に訳されていないと選考委員会が読めない、という事実からもわかるように、国際的な評価を得るためには国際共通語である英語に翻訳されない限りローカル文学であり続けなくてはなりません。

 

 

 

他のノーベル賞の分野も、学術論文は英語であることが必須です。しかし、何故他の言語でなく、英語が国際共通語として力を得るようになったのでしょうか。理由は複数あるでしょうが、その一因として英語という言語のある種ユルイ構造が関係していると思われます。わりと人が習得しやすい文法構造を持ち、地域や人種によって発音に相当な幅があっても「英語」という枠を持ち続けられる寛大さのような要素があるのです。

 

 

 

言語学上の分類ではインド・ヨーロッパ語族に入るものの、他のインド・ヨーロッパ語族の言語と比べると動詞の変化が単純化されていたり、名詞に性が無かったりするなど、語学習得のハードルが他言語と比較して低いのです。

 

 

 

情報網の普及で急速に狭くなる地球で、英語はその存在意義をますます強めていくことでしょう。そのような環境下で英会話に不自由するようでは生き残っていけません。好むと好まざるとに関係なく、歴史の動きと同様に環境の変化には適宜対応していくしかないのです。プラスに考えれば、英会話一つであっという間に世界に繋がれる便利な道具でもあります。

 

 


このページの先頭へ戻る