グロービッシュが生まれるまで

グロービッシュが生まれるまで

 「グロービッシュ」という言葉は、「グローバルイングリッシュ」を縮めた造語です。グローバルイングリッシュとはすなわち、世界共通語としての英語。国の境を越え、文化を越え、どこでも通じる言葉となった英語のことです。

 

 

 

 英語の母国たるイギリスで使われる英語と、アメリカで話される英語は異なります。発音や綴り、言い回しも。その変化のほとんどは、簡易化の方向に進んでいます。移民の国アメリカでは、英語はわかりやすい方へ、わかりやすい方へと変わっていったのです。そしてそれがさらに推し進められたのが、グロービッシュであると言えます。

 

 

 

 国際社会で、違う言葉を話す者同士が会話するために使われる英語。その形が簡単なものに変化していったのは、当然の帰結と言えるでしょう。かつてないほど広い幅の言語や文化を持つ人々が、齟齬なく会話を進められるためには、簡潔で、誤解のしようのない言葉づかいが最適です。アメリカ英語からさらに装飾を剥ぎ取り、ムダをそぎ落とし、機能第一に変化した帰結、それがグロービッシュです。
 

 

 イギリス人に言わせればまことに嘆かわしい言語の退化だということになるところですが、英会話を学ぶ私たちにとっては願ってもない進化です。なんせ、文化的素地がなければわからないような慣用句や、難解な発音があらかじめ排除された言葉だというのですから。

 

 

 

 グロービッシュは、英語を母語としない人々のための言葉。つまり、私たちが英会話をするためにある言葉なのです。

 

 


このページの先頭へ戻る