エスペラントと英語

エスペラントと英語

エスペラントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。エスペラントとは民族の言語や文化を尊重・大切にし、それぞれの言語や文化の橋渡しをすることを目的とした、中立公平な国際共通語のことです。

 

 

 

現在は英語が事実上の国際語として使われています。英語でのコミュニケーションは英語を母語とする人には都合がよいものです。しかし英語は特定の民族、国家の言葉なので、他の言語を使う人にとってはわざわざ外国語として勉強する必要があるため中立とはいえません。実際に英会話の習得に苦労している人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

エスペラントは民族語を廃し言語を統一することが目的ではありません。それぞれの言語と文化の多様性を守るための橋渡しになる中立言語として存在しています。

 

 

 

エスペラントは、1887年に当時ロシア領だったポーランドに住むユダヤ人のザメンホフが提案しました。
ヨーロッパ諸国の語彙を取り入れ、文法も整理されているので、比較的簡単に習得出来ます。
英語は始めから一定の方針に基づいて出来たわけではなく、長い間に出来上がった言語なので、不規則事項や慣用語法がたくさんあります。そのため、習得して使いこなすのに時間がかかってしまいます。

 

 

 

一方エスペラントは世界共通語にするため、仕組みが規則的で学びやすいことを重視していますから、初心者でも比較的早く基礎を身につけられます。

 

 

 

なかなか英会話が身に付かない、苦手という方にとっても、取りかかりやすいでしょう。


このページの先頭へ戻る