基礎単語力強化!ボキャブラリー基本編

基礎単語力強化!ボキャブラリー基本編

英会話のリスニングで何が重要かと言えば、やはりボキャブラリーの豊富さです。どんなに音声として耳が単語を拾えたとしても、それが何を指している言葉なのかが理解できなければどうしようもないのです。英語に限りませんが、どんな外国語習得においてもボキャブラリーをどれだけ持っているかが成功の鍵です。

 

 

 

ある語学教師は、文法を全く知らなくても、単語の羅列だけでコミュニケーションは可能だと言います。だから単語力は語学習得で最も大切な要素なのだ、と。たしかにうなずける主張です。さらに、リスニングで必要な単語力というのは、単語が実際どのように英会話で発音されているかを知ることです。

 

 

 

文字を見て知っている単語でも、実際ネイティブが発音しているのを聞いて、「その言葉がまさかそういう音だったとは…」という経験をした人は少なくないはずです。つまり、日本人が読み・書きはある程度できるのに、リスニングや会話に弱いといわれる原因はここにあるのです。実際の発音と単語がうまく結びついていないのです。

 

 

 

単語を覚えるとき、正しい発音も一緒に覚えるようにするようにします。この両方を覚えたら、次に会話やスピーチの音声と原稿を入手して、そのなかで単語がどのように発音されるかを目と耳でチェックすれば完璧です。

 

 

 

単語が単体で発音されるときと、会話やスピーチの流れの中で発音されるときには、微妙にアクセントに強弱が付くために聞いたときの印象がやや違ってくるからです。これだけ押さえれば、リスニングにおける単語力は相当強化されます。

 

 


このページの先頭へ戻る