苦手意識を無くす為の英語学習法編:日記ススメ

苦手意識を無くす為の英語学習法編:日記ススメ

英語が苦手で、どうやって勉強したらいいか分からないと思った事はありませんか?
本屋さんに足を運んでみますと、英語学習のための教材がたくさん並んでいます。それらを活用するのもいいですが、自宅で簡単に、しかも効果的に学習をすることが出来る方法があります。皆さんはご存知でしょうか?

 

 

 

ズバリ、英語で日記を書くということです!!

 

 

 

日記を書くと聞いて、英語が苦手なのに書ける訳ないと思った方もいらっしゃると思いますが、何も心配はありません。その日の出来事を、あなたが知っている英単語を使って書いたらいいのです。長々と書く必要もありません。

 

 

 

例えば、今日、あなたがりんごを食べたのであれば、I ate some apples. という風に書くだけでいいのです。何も難しい単語は一切使っていません。だんだん慣れてくると、このことについて書きたい、もしくはあのことについても書きたいなどのように、その日の出来事をもっとたくさん書きたいという気持ちがどんどん湧いてきますので、自然と長文の日記が書けるようになります。そのようなレベルにまで達してきますと、辞書を引いて、今まで知らなかった英単語も使うようになってきますので、あなたの語彙力、文書力が確実に上がります。

 

 

 

このように簡単でなおかつ効果的な方法を試さずにはいられません。物は試しです。この方法が本当に効果的であるのか、まだ信じられない方は騙されたと思って挑戦してみて下さい。あなたが日記帳の最後のページを書き終える頃には、あなたは英語が得意になっているでしょう。

 

英会話の重要性とは?

 


このページの先頭へ戻る