苦手意識を無くす為の英語学習法編:簡単な文法から始めよう

苦手意識を無くす為の英語学習法編:簡単な文法から始めよう

英語の文法というと、時制や仮定法といった複雑なものを思い浮かべては、大変難しいものだと感じるひとも多いかもしれません。でも、英語文法というのは、実は基本を覚えてしまうと、あとのはほとんどそれらを組み合わせたり応用させたものだと考えてもおかしくありません。ですので、まずは基本の簡単なものを覚えてしまいましょう。

 

 

 

覚えると言っても、基礎の文法はほとんど中学英語でカバーできてしまいますから、中学で習ったことをまずは思い出して復習してみましょう。その中で、いまひとつはっきりわからなかったことなどを、重点的に調べてみるといいでしょう。

 

 

 

英文法はよく、S、V、Oなどといった省略語で表したものが出てきますが、絶対にこれら記号を使って覚えなければいけないわけではありませんので、かえってややこしくなるなら、主語、動詞、目的語といった日本語で覚えて構いません。また、英単語を覚えられるからと無理に難しい単語を使った例文で考えるよりも、わかりやすい単純な単語の方が文法の習得がスムーズになります。ボギャブラリーを増やすことは、また別のこととして考えておきましょう。

 

 

 

英語は慣れだとよく言われます。とにかく基本を丁寧に覚えていれば、そこから少しずつレパートリーを増やしていけばいいので、まずは基礎をきちんと押さえておきましょう。それさえしておけば、もし複雑な形をした文を見ても、基本の形をもとに考えることで、理解しやすくなるものです。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る