苦手意識を無くす為の英語学習法編:リーディングのススメ

苦手意識を無くす為の英語学習法編:リーディングのススメ

 語学の上達法は3つあります。会話(リスニング、スピーキング)、作文(ライティング)、読書(リーディング)です。このなかでも、一番重要なのは会話です。言葉の基本は話すことと聞くことなのですから。しかし、語学初心者にとってもっとも難しいのも会話といえます。会話は流れていってしまうので、ききなれない言葉をそこから学ぶのは至難の技です。また、スピーキングにいたっては相手がいなければ実践できません。
 

 

 そこで、英語の学習にはリーディングの練習をつむことから初めてみることをおススメします。リーディングは自分のペースで進められますし、もちろん1人で、どこででもできます。たくさんのリーディングは会話、作文の基礎を作ってくれます。

 

 

 

 しかし、あなたが英語に苦手意識を感じているならば、いきなり英字新聞や外国のニュースサイトを開いてはいけません。

 

 

 

 まずは気に入った絵柄の英語の絵本を数冊手にとって見ましょう。幼稚園児向けが難しければ、乳幼児向けでもいいのです。なんとなく話の分かりそうなレベルの絵本を1ヶ月5冊などと目標を決めて読んでみましょう。

 

 

 

 次に英語を母国語としていない学習者向けの本を読みます。Penguin Readersシリーズ,Oxford Bookwormシリーズ、Macmillan Guided Readersシリーズなどが有名です。Level1から始めて徐々に難しいLevelの本に進んでいきます。やはり、月に何冊、あるいは1年でLevel5に到達など目標を明確にして進めてみてください。様々なジャンルの本がありますから飽きることなく読み進められるでしょう。

 

 

 

 ぜひ楽しいリーディングを積み重ねてみてください。


このページの先頭へ戻る