リスニング強化・入門編:英語に慣れる

リスニング強化・入門編:英語に慣れる

英語だけに限らず、どの言葉もまずは書くことより、話したり聞き取ったりすることが最初です。だからといって、いきなり話せるわけではありません。一番最初は、ネイティブの英会話を聞き、リスニング力を高めることが必要です。

 

 

 

日本でもたくさんの外来語が使われていますが、実際のネイティブの発音と比べると、かなり違うことが分かります。例えば、『A』の発音も日本人とネイティブでは全然違います。大抵の日本人は『エー』と発音すると思います。しかし、ネイティブは『エイ』と発音します。このような、ちょっとした所でも違いがあるのです。さらに、『It is』の発音も、日本人とネイティブでは異なります。日本人は『イット イズ』と発音すると思いますが、ネイティブは『イッティズ』と発音します。これは連音化といって、単語の語尾と単語の頭を繋げて読む方法です。

 

 

 

 

 

 

この2つは例の一部ですの、発音の違いはもっとたくさんあります。よりネイティブの発音に近づくためには、ネイティブの生の英会話を聞くことです。長い文章をリスニングする必要はありません。英会話でなく、単語を聞くだけでもかなりの効果があります。リスニング力を高めるためには、聞くこと一番です。一度聞いただけで、完璧に発音できることは難しいのですが、繰り返し聞くことによって発音を覚えるだけでなく、英語自体に慣れることが出来ます。まずは、ネイティブの発音を聞き、焦らず繰り返すことが大切です。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る