友達の表現をそのまま真似てみるといい。

友達の表現をそのまま真似てみるといい。

外国人と英語でお喋りができるようになるとしたら、今まで英語を学習してきて良かったと思うでしょうね。
それほど、英語学習の一つの到達点として外国人と話すことを目標としている人も多いはず。
日本では義務教育で英語学習を経験済みなので、最低限の単語ぐらいは知っている方がほとんどでしょう。

 

文法についても、少しぐらいは記憶の片隅に残っています。
それでも、英語を話せるという人はほとんどいません。
英語学習を楽しいものにするためにも、ぜひ話せるようになりたいですよね。
そのようなときは、外国人の友達の表現をそのまま真似してみると良いでしょう。

 

そのまま真似てみることを続けることによって、最低限、その表現は自分のものになります。
スピーキングにおいてのセンテンス作成能力とは、固い文法だけでは自然な表現とならないことが多いのです。
そうはいっても、身近に外国人の友達がいるという方は少ないでしょう。
そんな時は、海外ドラマの主人公の表現を真似てみます。

 

日本の英語学習者が多く利用している海外ドラマ「フレンズ」。
ドラマで描かれているシチュエーションに自分が入り込んでいき、主人公たちの表現をそのまま真似てみることです。
書き取った文章を文字として何度も書いてみたり、話している言葉を何度も声に出したりすると良いですね。
実際の人を目の前にしているわけではないので恥ずかしいこともありません。

 

地道な作業に思えるかもしれませんが、元々は楽しいドラマがネタになっているので多くの方は楽しみながらやっているのです。
ぜひ、この方法を採用して英語学習を楽しいものにしていって欲しいと思います。


このページの先頭へ戻る