ノンネイティブのための英語、グロービッシュ!

ノンネイティブのための英語、グロービッシュ!

英会話は、4億人とされる母語国や、14億とされる使用国とのコミュニケーションに必要不可欠とされていますが、平成20年に発行された週刊誌、日本版ニューズウィークに、新時代に必要なのは、英語ではなくグロービッシュだという記事が掲載されました、ここで言うグロービッシュとは、グローバルとイングリッシュを掛け合わせた造語で、1500語に限定された特定の語彙を使用する事により、シンプルな会話を実現できるというものです。

 

 

 

日常生活レベルの英会話に必要な単語は、慣用表現などを除いても1万語以上にのぼりますが、グローバルイングリッシュを使えば、10分の1の単語数を覚える事で、生活に必要なほとんどの目的を英語圏の人に伝えられます。

 

 

 

日本語は美しく素晴らしい言語ですが、国語辞典を開いて1500語を覚えても、会話は成立しない難しい言語です、それに比較して、世界共通語でもある英語は、基本的なポイントさえ抽出すれば、充分に日常生活会話が可能です。

 

 

 

英語が苦手な日本人も、暗記は得意な国民性がありますので、1500語の暗記程度は、その後の利便性を考えれば苦ではありません。英語を使わない国にとって非常に有効なコミュニケーションツールであることは前述の通りですが、グローバルイングリッシュの利点はその限りではなく、ビジネス会話にも有効です、元々グローバル社会のニーズに応えて設定されていますので、インターネット用語や経済状況を充分にフォローしてくれます。

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る