社内公用語対策にオススメ

社内公用語対策にオススメ

社内公用語にグロービッシュの導入はいかがでしょうか。

 

 

 

グロービッシュ(Globish)とは、グローバル(Global)とイングリッシュ(English)から成る造語です。これは約20年ほど前にジャン=ポール・ネリエールによって提唱された共通語という概念です。その文法は標準的な英文法であり、語彙には使用頻度の最も高い英単語1500語が使用され、英語を母国語としない者が国際ビジネスに適応する為に生み出した共通語といえます。また英語を母国語とする人々にも、国際的な場で用いられることがあります。

 

 

 

ですから、これはは言語ではなく、ビジネスでのツールの一つと考えることができます。

 

 

 

このグロービッシュは世界中で英語を母国語としない人々を中心に爆発的に話者が増えいます。また、従来の英会話よりも修得が容易であるため、社内公用語に適用することは理にかなっているといえるでしょう。実際にすでに多くのグローバル企業では導入されており、今後急速的に普及することも予測されます。もしかすると近い将来、かつて世界の公用語であったフランス語が英語にその座を奪われたのと同じように英語がグロービッシュに席巻される日が来るかもしれません。

 

 

 

御社でもし社内公用語に英語を検討、あるいは導入していらっしゃったり、英語が苦手な社員を英会話スクールへ通わせたりして英語教育を実施されているようでしたら、これからはよりシンプルで将来性のあるグロービッシュに着手してみませんか。

 

 


このページの先頭へ戻る